しろラボ

かしこくなりたくてせのびするブログ

植物で仕事の能率40%UP|オフィスに置くだけで得られるメリットとは

f:id:sironorisa:20170809043827j:plain

 

 

植物の導入はメリットがあるのか?

オフィスの環境整備の関心が高まるにつれ、インテリアグリーンとして多様な植物が導入されている。植物があると目が釘付けになる人間としては嬉しい傾向だ。頭から植物が生えたらいいのに……と夢想したことがある程度には植物が好きだから。

 

さて、オフィスにどんどん導入されている植物だが、これで具体的なメリットはあるのだろうか?心が癒されるとは思うのだが、もっとメリットがないと「心が癒されるから2万円のウンベラータ買おう」という気分にはとてもなれない。私は狭い自室に買ってしまったのだが。名前はベラちゃん。

 

ここでは、『植物の存在がオフィスで働く人々に与える心理的効果』という論文の内容を読んで、植物を置くメリットを考察する。自室やオフィスに植物を置くかどうかの参考にしてほしい。

 

今西ら『植物の存在がオフィスで働く人々に与える心理的効果』

 

7つの調査方法まとめ

f:id:sironorisa:20170809043845j:plain

 

植物の種類や数、本物か偽物かによって調査内容を7つに分けている。ここはさらっと読み飛ばして構わない。

調査対象者

勤務している総務および広告担当者28名

1度目の調査|本物6鉢

使用植物:ベンジャミン/シェフレラ/ポトス

※各2鉢、高さ1m前後

概要:計6鉢の植物を配置後、調査対象者に回答を求める。

2度目の調査|本物3鉢

使用植物:ベンジャミン/シェフレラ/ポトス

※各1鉢、高さ1m前後

概要:計3鉢の植物を配置後、調査対象者に回答を求める。

3度目の調査|植物なし

使用植物:なし

概要:植物が無い状態で、調査対象者に回答を求める。

4度目の調査|人工樹半分

使用植物:ベンジャミン/シェフレラ/ポトス

※各2鉢(内1鉢は人工樹)、高さ1m前後

概要:本物と偽物が混ざった計6鉢の植物を配置後、調査対象者に回答を求める。

5度目の調査|人工樹全部

使用植物:ベンジャミン/シェフレラ/ポトス

※各2鉢(すべて人工樹)、高さ1m前後

概要:偽物(人工樹)、計6鉢の植物を配置後、調査対象者に2度回答を求める。1度目はすべて偽物であると告げる前、2度目は告げた後。

6度目の調査|別の観葉植物を配置

使用植物:フィドデンロン・オキシカルディウム/ドラセナ/マングースカズラ

※各2鉢

概要:計6鉢の植物を配置後、調査対象者に回答を求める。

コメント:名前がかっこよすぎる

7度目の調査|花を配置

使用植物:スパティフィラム/朱色のゼラニウム/ピンクのシネラリア

※各2鉢

概要:計6鉢の花を配置後、調査対象者に回答を求める。

 

植物は働く人にとってメリットになるか?

回答結果を分析した結果をまとめました。オフィスに佇む植物は、働く人に恩恵を与えてくれるのだろうか?

 

結果まとめ
  • 植物があると快適性・好感度があがったと感じる
  • 植物があると疲労を感じにくくなる
  • 植物の有無は仕事の能率と関係がある
  • 植物の数は多いほうが好感度が高い
  • 半数がフェイクでも回答結果に影響なし
  • 花物は評価が高い
  • 花物の配置に肯定的な人は74%

観葉植物の有無からわかること

観葉植物がある時とない時で回答を比較したところ、以下の事実が判明した。もうこの時点でオフィスには植物を置くべきと熱弁できる。

植物がないとき
  • 快適性が低下したと感じる
  • 疲労感を感じやすくなる
  • 室内の雰囲気全体に好感がもてなくなる
  • 全体的に仕事がやりにくくなったと感じる

70%もの人が、植物の無い状態を「やすらぎ感に欠ける、さびしい」と思っているようだ。14%の人は「シンプルでいいじゃん」と回答しているが、5人に1人もいないレアな人である。

 植物があるとき
  • 能率が上がったと感じる
  • 疲労感を感じにくくなった
  • 室内の雰囲気に好感をもてる

植物の量と真贋からわかること

植物は置けば置くほどメリットをもたらしてくれるのか?本物6鉢の時と3鉢の時では「よい」と答えた人のパーセンテージの差は9%で、案外差はなかった。しかし植物の数が多いほど好感度は高いようだ。

 

本物と偽物に関しては、ほとんど影響がない。本物6鉢の時と本物3鉢+偽物3鉢の時では、「よい」と答えた人のパーセンテージの差わずかは2%だった。誤差の範囲内だ。

 

そういえば知り合いから、1年もの間、偽物の植物を本物だと勘違いしていたというエピソードを聞いた。私も雑貨屋でたまに間違えて涙を堪えている。調子に乗って全部偽物にするとさすがに好感度が下がってくるのだが、半分は人工樹のような偽物にしても大丈夫だろう。

観葉植物と花物からわかること

観葉植物に比べると、花物のほうが「はっきりしている」「明るい感じ」「豪華」と高い評価を得ている。季節感を感じやすく、蕾が綻んで行く変化を毎日眺めるのは楽しいだろう。

 

個人的に、花物はすぐに枯れてしまうのであまり好んで置かない。ただ、オフィスに花を取り入れることに肯定的な人は74%もいるようだ。

 

職場に花を置こうか検討している人は、一度くらい置いてみてもよいだろう。

 

まとめ

 

f:id:sironorisa:20170809043917j:plain

 

メリットまとめ
  • 植物は部屋の快適性を上げる
  • 植物はインテリア性を上げる
  • 植物を置くと疲れにくくなる
  • 植物は仕事の能率を上げる
  • 半分フェイクグリーンでもOK
  • 花物は明るい気分にさせてくれる

 

植物を買いに行こう。自室やオフィスに置いて癒されよう。仕事の能率が上がれば元は取れる。植物があると目が釘付けになる人間の仲間になってほしい。

 

調査に使われたのは比較的大きな観葉植物だが、ミニ観葉でも癒し効果は抜群だ。また、サボテンやエアプランツなら水遣りの頻度が少なく枯らしにくくなる。

 

植物の選び方は以下の記事ににまとめているので、ぜひご覧いただきたい。

 

www.sirorisa.net