しろラボ

かしこくなりたくてせのびするブログ

ポケルスと笑顔ウィルス|良いウィルスはどんどん伝染させてしまおう

f:id:sironorisa:20170825150356j:plain

 

 

感染したいウィルスNo.1「ポケルス」

ポケモンはポケルスというウィルスに感染することをご存知だろうか?他のトレーナーからもらってきたポケモンに、たまにくっついている。戦闘終了後に3/65536の超低確率で感染する場合もあるそうだ。

 

ポケルスにかかったポケモンはどうなるか?

 

死ぬ、のではなくて、超強力なポケモンに育つ。努力値という、攻撃力や防御力に関連する隠し要素に良い影響を与えてくれるためである。

 

その影響力たるや、トレーナーたちがこぞってポケモンをポケルスに感染させようと必死になるほど。そして治癒でもしようものなら「あぁー!」と落胆するほど……。ただし、ポケモンが体調を崩すことはないのでご安心を。

 

少なくともポケモンの世界では、ウィルスは自分のメリットになり得るということがわかる。

 

人間世界の良いウィルスって?

f:id:sironorisa:20170825181450j:plain

 

私がポケルスについて思い出したのは、ある本に「笑顔ウィルス」なるものが紹介されていたためである。なんでも、笑顔はウィルスによって伝染するのだとか。

 

そういえばあくびがうつるように、笑顔も「釣られ笑い」をしてしまうものだ。笑顔ウィルスという考え方も、案外ばかにできない。

 

本から笑顔ウィルスについての情報をまとめておいた。自分も伝染しないか、あるいは伝染させていないかチェックして頂きたい。

笑顔ウィルスとは

笑顔を発生させ、憂いを追い出すウィルス。世界中に広がる安全性をはらんでいる。

 

初期症状は「いつの間にか口角が上がっている」が顕著。なぜか心がウキウキし、自分が好きになってくる。

 

中期症状は「知らない人からあいさつされる」ことが多くなる。なぜだか集合写真で前列の中央に導かれる。ついつい「ありがとう」と口癖のように言ってしまうようになる。

 

末期症状では「腹の立て方を忘れる」ため、怒れなくなってしまう。「人のせいにする」という処世術を活用できなくなる。また、はるか年下の子どもに仲間扱いされるようになる。

 

最期には体中に笑顔細胞が広がる。

 

……死に至るどころか、むしろ寿命が延びてしまいそうなウィルスである。

 

笑顔ウィルスに感染するためには?

f:id:sironorisa:20170809051403j:plain

 

本には笑顔ウィルスについての概要が載っていましたが、感染の仕方、伝染のさせ方は記載が無かった。ということで、私なりに考えておいた。

 

感染方法

  • 自分に笑うことを許す
  • 笑顔レベルを上げる
  • 明るい人と交流する
  • 楽しいことに目を向ける
  • 悪いことから距離を置く
  • 「ありがとう」を言葉で伝える
  • ウキウキすることにチャレンジする
  • 悲しいことをちゃんと受け止めて処理する

 

最初に「自分に笑うことを許す」と書いたが、案外出来ていない人は多い。自分には笑顔が似合わないと思っていたり、笑う資格なんてないと無意識にでも信じていたりするためだ。

 

笑顔ウィルスにかかるためには、まずこのような誤った認知を正していくことが大切だ。「笑っていいよ」と心の声で呟く、人に相談してみるなど、方法はいくつもある。

 

↓笑顔レベルの記事

www.sirorisa.net

 

伝染方法

  • 笑顔で人と接する

すでにウィルスに感染している人なら、笑顔で人と接するだけで伝染させられると考えられる。感染さえすれば、伝染は簡単だ。

 

ただし、「笑顔」に分類されればどんな笑顔でも良いわけではないことに注意することだ。卑屈な笑顔、悪人の微笑み、悲痛な笑みなど、暗さが入り混じる笑顔は自分も他人もダメにしてしまう。

 

自分では普通だと思っていても、実は常に辛そうな笑顔をしていることがある。 一度、鏡の前で笑顔を点検してみることを強く推奨する。

 

どうせなら良いウィルスを撒き散らそう!

f:id:sironorisa:20170825150734j:plain

 

笑顔ウィルスが存在すると仮定するならば、おそらく「悲しみウィルス」「不幸ウィルス」「怒りウィルス」などなど、あまりよろしくないウィルスも存在するだろう。そして、私たちは無意識のうちにそのウィルスに翻弄されている。

 

やっかいなことに、これら医学的分類がなされていないウィルスはなかなか気づくことができない。知らず知らずのうちに、周りの人に伝染させている可能性は大いにある。

 

どうせ感染・伝染するなら、ポケルスのように喜ばれるウィルスが良い。この機会に、自分はどんなウィルスにかかっているか想像してみて頂きたい。

 

自分を観察するだけでなく、周りの人を観察することもウィルスの特定に役立つ。やたらと怒っている人が多いなら、怒りウィルスに感染しているかも。やさしい人が多いなら、きっと良いウィルスに感染しているだろう。

 

もしも私が笑顔ウィルスに感染したら、ブログから撒き散らせないか考えておく。